So-net無料ブログ作成

少し頑固な便秘にはスルーラックSがオススメ(指定第2類医薬品) [便秘トラブルに]

少し頑固な便秘にはスルーラックSがオススメ<指定第2類医薬品>






<はじめに>



便秘になるとお腹が張ったり、食欲が出なかったり、体調が優れない状態になりかねません。不調にさせない、便秘にならない身体造りが大切です。


それには運動や食事が大事と言われますが、ひどいようなら受診や便秘薬が必要になることもあります。


便秘薬と聞くと、酸化マグネシウムやセンナを思い浮かべるでしょう。


酸化マグネシウムを配合した商品についてはコチラを参照して下さい。


関連記事:お腹に優しいマグネシウム配合のナチュラル便秘薬


今回は生薬センナを配合したハピコムスルーラックSについて記載させていただきます。




DSC_0685.JPG





<スルーラックS とは?>



ハピコムスルーラックSは2種類の有効成分を配合した小粒の便秘薬です。有効成分はビサコジルと生薬センナを配合しています。


ビサコジルとセンナは鈍った腸の働きを活発にさせる作用があり、服用することで便秘の改善が期待できます。


ビサコジルはテレミンソフトという坐薬で医療用としても使われています。


センナに関して言えばお年寄りの便秘に広く処方されており、優れた効果と安全性が考えられます。


作用が穏やかな漢方薬や、酸化マグネシウム製剤で便秘の改善が見られないようであれば、大腸刺激性下剤であるセンナ成分を配合したスルーラックSの選択になります。





スポンサーリンク









<便秘薬を飲むとお腹がいたくなるのですが>




刺激性下剤配合の便秘薬では腹痛の悪い作用が知られています。


お腹の痛みでつらくなってしまうのであれば便秘薬を使うのは気が進まないでしょう。


もちろん体質の問題はありますが、飲み方によって感じなくなる可能性もあります。


それは食後ではなく、空腹時(食事から2時間あけて)に服用することです。


錠剤が胃で溶けてしまうと効果が出にくいことや腹痛に繋がる恐れもあるので、胃が空っぽの状態でお水で飲むことが大切です。




<便秘薬の注意点>



便秘薬はもちろん排出を促しますので、強く効きすぎた場合は下痢になります。緩くなるようなら錠数を減らすか、休薬するなどの対応が必要です。


便秘薬は他の便秘薬と併用はできません。もちろん作用の異なる便秘薬を処方するお医者さんはおりますが、市販の薬での自己判断での併用は避けるのが安全です。


便秘の程度や体質によって服用する錠数を調整する必要があります。最初は最小量にして、効き目が悪いようなら増やしていくようにしましょう。


センナに関して耐性はないと言われていますが、ご高齢の方に長く用いられると効きが悪くなる印象はあります。便秘が続くようなら必ず受診するようにしましょう。





<さいごに>



少し頑固な便秘の改善にはスルーラックSがオススメですが、15歳未満の場合や改善が見られない場合などはお医者さんに相談するのが一番です。お読みいただきありがとうございます。



参考文献:スルーラックS添付文書




スポンサーリンク








こちらの記事も読まれています



関連記事:お腹に優しいマグネシウム配合のナチュラル便秘薬


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます